このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年中途入社

H・K

プロジェクトマネージャー
専門学校にてコンピュータグラフィックスを学ぶ。卒業後、2000年にA.I.の親会社である株式会社パトリオットに入社し、エンジニアとしてのキャリアをスタート。途中A.I.への転籍も含め7~8年を過ごした後、違うキャリアを模索し転職。しかし、外に出て改めてA.I.の社風の良さや仕事仲間の魅力に気づき、2012年にA.I.での再スタートとなった。
プロジェクトマネージャー/H・K

他社や違う仕事を経験して、A.I.の魅力に気づきました。

最初に親会社のパトリオットに入社したのは、学校に求人が来ていたからでした。他の仕事や会社を知らない中で数年過ごすうちに「もっと向いている仕事があるのでは」という思いにとらわれ、あまり深く考えずに転職しました。肉体労働したり他のシステム会社で働く中で、A.I.の仲間や社風の良さを実感できたのです。
自分で出て行った会社に戻るのは勇気が必要でしたが、社長に正直な気持ちを話すとこころよく受け入れてくれました。社長の恩情に、さらにこの会社で頑張りたいという思いを強くしましたね。

プロジェクトマネージャーとして、案件とメンバーを統括しています。

こんな私でも、社長は差別することなくスキルアップする案件や機会を与えてくれ、今ではリーダーという立場で、開発現場で指揮をとっています。
現在、光伝送装置の監視システム開発プロジェクトと、NMSの検証評価を行うプロジェクトを担当しています。それぞれ、自分自身も開発業務に携わりながら、メンバーマネジメントとプロジェクトの進捗管理、開発依頼元のお客さまとの調整や折衝などを行っています。
例えば、テスト項目の作成からお客さまとのレビュー、レビュー指摘事項の反映、テストで見つかったバグ票の起票、テスト終了後の報告書作成とお客さまレビューというのが、おおよその仕事の流れになります。

システムが完成したときよりも、それで問題解決できたときが嬉しい。

お客さまに自分の提案が通ったとき、プロジェクトが様々な困難を乗り越えて完成したときなど、この仕事には嬉しい瞬間がたくさんありますが、お客さまと一緒に問題が解決できたときに最も達成感を得られますね。
また、社内においては、後輩や部下が成長して独り立ちしていく様を見ることができると、感慨深い思いになります。
いずれにしても、誰かとコミュニケーションをとり、それが何かの成果につながることにやりがいを感じるタイプなんでしょうね。
新しいビジネスモデルを確立し、A.I.としての存在価値を高めたい。

新しいビジネスモデルを確立し、A.I.としての存在価値を高めたい。

私たちA.I.は、まだまだ人数も規模も小さく、親会社である株式会社パトリオットから完全に独り立ちしているとは言えません。もちろん、少数精鋭のプロフェッショナルとして、パトリオットのみならずお客さまからも信頼を得ており、仕事がどんどん入ってきている状況ではあります。
私の今後の目標としては、A.I.が培ってきた技術を生かし、他業種と連携した新たなビジネスを立ち上げ、A.I.単体でもっと大きな売り上げを生み出せるような存在になりたいと思っています。

否定しない。押し付けない。だから居心地がいい。

私自身がこの会社に出戻ってきたときに心から嬉しかったのが、否定されなかったこと。社長の言葉に「ITリベンジ」というのがあるのですが、IT業界から一度離れた人を積極的に受け入れたいという思いなのです。
私もこの考え方に大きく共感しているので、特にメンバーと接するときには「否定しないこと」「考えを押し付けないこと」を心掛けています。ですからこれから入社する方にも、自分の目標や意志を積極的に表現してほしいと思っています。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

プロジェクトマネージャ(その他のシステム・ソフトウェア関連職) に関連する求人票を見る